玄関前のトサミズキ
大学生活五年目の決定した、文系オタク男子大学生のつづる日記。 就職活動についてや日々の雑記、趣味について。
プロフィール

むりはり

Author:むりはり
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒論始めました~
ども。またまた一週間以上更新が空いてしまったむりはりです。
手抜きの現状報告です。申し訳ありませんですよ。



ええ。タイトルのとおり、卒論始めました。



更新ペースがこれから遅れるかと思いますです。



ネタについてはまだまだ勉強中で、わざわざブログに書くのも面白くないものも多いんで、触れるかどうなるかわかりませんw
これからも気ままにやっていこうと思います~。



ちなみに私の大学の専門は哲学です。卒論も哲学です。
哲学は教養です。文系必須です。
人間理解せずに何事も語るなと、そう言いたい(誰に)



でもあれです
はまりすぎは要注意ですw



だってなんか俺ブログで変なことばかり言ってますもの、明らかに。
スポンサーサイト

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

初音ミクなんですが
まさか自分、オタクたちに受けがよいソフトだと思ってなかったです。



何がって、「初音ミク」。



下が発売もとのクリプトンのサイト。気になる方はどうぞ。
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv01.jsp


上記ページの下部分の広告見て更にびっくり。
クリプトンですよね?


…初めてこのソフトの存在を知ったのはDTMマガジンのサイトを覗いたときだったと思うんですが、別にオタ的視点で見たりはしませんでしたよ。
今度は声優さん使うんだ、しかも藤田咲じゃんって、そのくらいしか意識したとこありませんでした。


でも今思えば初めから狙っている客層がMEIKOなどの今までのVOCALOIDシリーズとは違っていたのかもしれません。


だって「キャラクターボーカルシリーズ」からの発売になってて、プロフィールとか設定されてるしwこんなんMEIKOにあったっけ?


それにMEIKOなんかは「ナントカめいこ」て言うボーカルの人が実在しているはずですし。今回SAKIとかじゃないあたり同じなのは技術だけなんですね。技術同じだから同じ路線で続けると思いきや、売り方をずいぶん変えたなーと。そんな感想です。


・・・そんなこんなで今ならこのソフトの今の扱われ方もわかりますw納得。




で。歌声を試しに聴いてみたんですが


やっぱあんまり細かい動きをさせるとロボット藤田咲になりますねww
まぁ作る曲如何とか、一旦音声をWAVにして編集したりしてどうにかなるのかも知れません。シリーズ持ってないからわかんないですけど。
一部ハモらせているとこなんかは特に綺麗ですね。



デジタル万歳。でもアイドルにはならないだろコレw

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

今日は・・・
マンガ夜話がまた放送されるらしいですね、みたいなのを書こうとしたんですが、やめますw



ともあれ安倍総理が辞職しましたね。


原因は
自身の多面での健康不安にあるとか、党の金の問題じゃないかとか


民主党に根回ししようとして断られて手詰まりになったことにあるとか


なにやらいろいろ飛び交っているようですが。
とにかく恥ずかしいですね。


もう半笑いです



テーマ:安倍総理辞任表明 - ジャンル:政治・経済

嫌韓流が出てました
先日久しぶりに本屋に行っていろいろ本を買ってきたんですが、



「嫌韓流3」



という本が出ていました。
今回の新刊で三冊目ですね。
シリーズが初めて出たのはもう何年か前になると思うのですが、当時は結構話題になっていたように記憶しています。



それで今回は、このタイミングなら今更な感じもないかと思って



所謂思想マンガについて



自分の考えなどちょっと書こうかなと思います。


「嫌韓流3」とか具体的に手元にあると絵を引用したりしてわかりやすくなると思うんですが、生憎うちには小林よしのりがマンガ連載している雑誌の思想マンガとか、ガイドライン改正時に共産党が配っていた赤紙のコピーの裏面に書かれたマンガ(あの頃中学生だったかな)くらいしかありません。「嫌韓流」は今もう手元にはないです・・・OTL
この記事を読まれる方は自分で実際の思想マンガを用意されるとか、実際のページを掲載しているwebを(あれば)見てくださればと思います。



さて。思想マンガの何を話題にするのかということなんですが、
「戦争論」や「嫌韓流」における歴史的事実についてとか、そういうのではありません。


えと。今回は



思想をマンガで表現するってどうなのよ?


ってことについて考えてることを書こうと思ってます。
とりとめもなくなってきたのでw
では仕切りなおして以下より↓



◇◆◇◆◇◆◇◆


「思想をマンガで表現するってどうなのよ?」


「思想マンガ」の定義から入るのは正直手間が多そうなので、とりあえずは今話題のw「嫌韓流」とイコールとしていただきたいと思います。
けれど共産党もビラなどにマンガを描いている(いた?)こともココに併記しておきますね。



ところで思想を扱った書物と言うのは全て「人工物」です。



マンガだってもちろん全て人工物です。オタクが言うのもなんですが?アレは究極的に「二次元」ですww


人工物であるということで今の文脈で大事なのは



即ち作り主の主観が入っているモノであるということです。


だから作品は全て、全てが著者の主観越しの真実なんですよ。


それはどんな難しい活字の科学書だって哲学書だって、例えばその本が世界の認識を話題にしているとすれば、そこに書かれているのは世界を話題にしているその人の主観であり、認識であり、思想なんです。



主観的な認識のない、絶対的客観的真実を描いた本などないのです。



さて、毎回結論もったいぶる内容でアレですが、マンガは読むのが楽ですね。
活字は読むのが大変です。活字の本でも難しいとされているものほど読むのが大変ですね。


当たり前のことなんですが、どうして漫画は読むのが楽で難しい活字の本は読むのが大変なんでしょう?



それは考える必要がないからです。考えるところは全て視覚的情報として入ってくるんですよ。それがマンガですから。考えた結果としてのモノが初めから結論として、即ち真実として用意されているから楽なんです。


それでは、肝心の思想マンガというものが作られるとどうなるのか。



ものを考えない相手に結論だけをこれほど簡単に刷り込める媒体もないわけですよ。



悪人としたい人間は悪く書いたとしてもですね、マンガですから、全てはマンガの表現の域に収まります。マンガ慣れしている我々はそれゆえマンガとして描かれているところには大して注意も払わずにストーリーをおってしまうということが起こりうる。
それで「勉強した」といってもそれはもう怪しげな「真実の世界についてのセミナー」みたいなのでわかりやすくモノを教え込まれた挙句、「勉強になった」と言って家に帰っていっているようなものです。
活字の、自分で考える余地の残されている媒体に接した方が、まだ勉強になったといえるでしょう。勉強になった、勉強したってのは思想に関して言えば、ものの考え方に責任を取れるという意味です。



思想マンガというのは、読むのは楽ですが、楽であれば楽であるほど勉強にはなりません。教え込まれているかも知れないということです。特にマンガについては自分もですが、どうも簡単に著者の主観を真実としてスルーして、結果的に自分の真実としてしまう傾向がありますね。
なんというか



「攻殻機動隊」で負傷したトグサの記憶に当てられたバトー状態になるといえば、オタクの人ならわかるでしょうが、思想マンガというのは要は人をそういう状態にしやすいものです



思想マンガを出すなとは言いません。情報集めのきっかけとして「嫌韓流」なんか重宝しますよ。でも気をつけて読むべき物ではあると思います。


気をつけて、と言うのがまた難しいものではあるんですがw


なんつーか、そこから無責任に思想を引用することは控えるべきものでしょうね。



だって思想の内容(左右等)を問わず、知らず知らず自分が劣化コピーになっているかもしれませんから



最後に。
内容についての感想についてはもっと詳しく批判、賛同等されているところがあると思います。それから私、「3」は買ってません。買っても以上の理由から本気で読んだりはしないでしょう。劣化コピーにはなりたくないですから。興味あれば自分で考えますよ。



テーマ: - ジャンル:本・雑誌





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。