玄関前のトサミズキ
大学生活五年目の決定した、文系オタク男子大学生のつづる日記。 就職活動についてや日々の雑記、趣味について。
プロフィール

むりはり

Author:むりはり
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス…スペシャルの感想&まとめ日記
久々に大はまりしたアニメ「コードギアス」の未放送話がつい先日放送されたので、今日はその感想+コードギアスの自分なりのはまった点を書きたいと思います(゜∀゜)


コードギアス公式サイト→http://www.geass.jp/

以下、ネタバレ注意です!!



さて。まずスペシャルからなんですが、24、25話はギアスの暴走でユフィが死んだ後、反乱部隊を率いてルルーシュ=ゼロがトウキョウ租界に侵攻をかける話なんですが。


まずキャラクターの見所がありすぎ


今までに多数の伏線が張られてきましたが、一部最終回ということで新旧キャラクターが入り乱れる大盤振る舞いです。もうなんというか、租界の内外でカオスでした。

ダールトン将軍の消息もわかりますし、スザクとルルーシュ=ゼロ、カレンの関係はますます混沌としていきますw
果ては生徒会の面々やレズっ子(名前が思い出せない)、オレンジまで動き出す始末ww

23話までに張り詰めきっていた糸がぷっつりと切れてしまった感じで、やっぱり死者も結構出るんですが、それがなんだかとても贅沢(失礼)なドラマに見えます。



タクティクスオウガ第三章、ライムの町のイベントのようにwww(わかんねーって)


これで一部すべてを観たことになるんですが、コードギアスはやっぱりルルーシュとスザクの関係で動いてて、それがすごく面白いです!



そこでこの二人を中心にコードギアスの物語の流れとか魅力をまとめてみようと思います!



世界の謎とかそっちのほうが自分が食いつきそうな話ではあるんです
が、そういうのやると


「ひぐらしのなく頃に」みたく、どのようにも解釈できる故にひたすら作者の謎解きを待つ他ない物語を、敢えて謎解くような形になってしまいそうなんで、やめておきます


あれで推理ものって言われても・・・ねぇ。
あのゲームは客観証拠を提示してない、ピースの形も自分で決められるジグソーパズルですよ??



…話を敢えてそらしてみましたが(ちょww)
そんなわけでよかったらどうぞ↓




【ルルーシュ】
まずルルーシュなる人物なんですが、この人の活動のお陰で何人死んだかもうわからない、表面だけ見れば立派な悪人です。
しかし弱者の救済という反グローバル的ともいえるその理念や、国家建設という勝てば官軍という性質を持った目的を有しているあたり、現状ルルーシュを簡単に「悪人」と裁くことは出来ません。理念自体が一般的に言う「悪」ではないですし。


人間の評価というものは評価の対象として他者にその人が明け渡されてから明らかになるものです。もちろん、厳密には人間というのは一挙動が終わった瞬間それは他者に明け渡され、評価対象となり、だからこそゼロの評価もまちまちなんですが、ルルーシュからしてみればそのような批判は目的を前にした世迷言のように聞こえるのでしょう。
この性格がスザクとの対立を決定的に生み出すこととなり、24,25話に続くわけですね。




【スザク】
スザクはゼロと比べるときに重要な理念を二つ持っています。
一つはゼロと同じ「弱者が救済されるシステム作り」を是とする考え
基本的に彼はイレブン(日本人)の味方です。
こういう立場だからゼロ相手には恋人のユフィが殺されるまでゼロと中途半端に対立してます。
二つめはその行動からよくわかりますが、何か、国なり組織なりを変えたいき、組織の外から革命を起こすか、組織の内部から改革していくかという問題が生じる場合があるのですが、かれは「改革」を選ぶという理念を有した人間なんですね。
目的の正当化のほかにも、手段の正当性も選ぶ必要があると考えていました。この点で彼はゼロと対立していたわけです。


さて。二人のまとめを終えましたが、
中盤くらいのまでこのような状態で物語が進んで行きます。
その後はルルーシュの生き方には変化はないんですが、スザクの変化によって物語りは意外な方向に進んでいくわけで。


さてその変化とは、スザクの行動する目的の変化です

それまでのスザクは自分が死にたがっているからとか、正直目的なんてあるようでない生き方していたと思うんですが、
ユフィが恋人になって明確にスザクにとって守るべき人となったことで、彼女のために生きると、彼の生きる目的が変わりました。これは、大きな変化でしたね。


これはもう、スザクがルルーシュ化したということに他ならない。


つまり

・ルルーシュの守るべきもの=ナナリー。故にナナリーにとって幸せな体制(独立国)を築く。

・スザクの守るべきもの=ユフィ。故にユフィにとって幸せな体制(行政特区からの漸次以降体制)を築く。

・・・と、二人が似たような構図を持ったように思えます。



ここでルルーシュとユフィが手を組んで、ついでにスザクとナナリーがくっつきでもしたら、それほどひどい話にはならなかったんだと思いますが、そうならないのがギアスの酷いところ、いえ、面白いところですねw


でももしそうなっていたらコレ、SEEDじゃね?と書いてて思いました。
ユフィがラクスに似ているあたり、この辺意識されてたんでしょうか…?まぁ、アレは監督共々酷いものでした。


・・・それはともかく。その期待を裏切って22話でゼロは「目的のための手段の正当化」の果てにスザクの恋人ユフィを殺してしまうのですよ。


ナナリーを殺されるに等しいこの仕打ちはスザクの怒りを買い、25話では両者の関係は修復不可能なところまで行ってしまいます・・・。



以上。二人を中心にギアスの第一期をまとめてみたんですが
改めて思うんのは、ギアスの痛々しさと魅力って、


視聴者が単純な悪人として切って捨てることの出来る登場人物がいないところにあるような気がします


もちろん単純な好みというのは自分にもあって、ユフィと恋人になったスザクなんかあんまり好きじゃないんですが、でも自分の好みの法則をそのまま当てはめたら同様にルルーシュも嫌いにならないと一貫性がなくなってしまう。そういう難しさがそのまんま作品の魅力になってますよね。


続編ではこの二人、どうなっていくのでしょうか。
楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ感想…天元突破グレンラガン第17話
ちょっと関係ない話からですが、夏休みですね~!
大学生はもうちょっとあとになるどころか、今まさにテスト期間だったりで一番大変な時期ではないかと思いますが。

今思い出したんですが、高校生までの夏休みに入ったときのあの開放感、ついぞ味わってなかったりします。テストが終わると部室にこもって遊びまくったり、街中に遊びに行ったりして、あの頃は夏の午前中の空気をとても特別なものに感じられていたものです。


もうそういうのは二度と味わえなかったりするのですなwww



ま、そんなことはどうでもいいんです


今回は今やってるアニメでいちばんはまってるグレンラガン17話の感想です



16話までで第二部、所謂少年期のシモンの話は螺旋王を倒すことで終了を向かえ、17話は7年後、地上に出てきた人間達の指導者として活躍している大グレン団の面々を描いていたりするわけですが

私的に今回の見所は、キャラのリアルさ。
シモン達がゲリラ→指導者という立場の変遷を経たことで、世界が少年の時みたいに気合で何もかも解決できるものではなくなってしまった様が非常にうまく描かれていて、登場人物がなおいっそう人間くさく、リアルに描かれているとこです。


以下に17話で明らかになった主なキャラクターの人間性をまとめてみました。
----------------------------


【首脳部の面々】
チンピラ上がりの首脳部連中。ふんぞり返ってばかりで責任を負う立場であることの自覚が見られません。
推測するに、短絡的に偉い立場というものに飛びついたのではないでしょうか、ダヤッカは妻子持ちゆえの居残り。例外です。

ヨーコみたく、自分というものが外部と内部から構成されていることを自覚しており、自分が気ままに気合で世界どうこうするコトが性に合う「チンピラ」であることを自覚している人は本部を去って行ったようです。こういう人たちは確かに潔いです。



【ロシウ】
ロシウはシモンの補佐官として実質的な政府???の実務を担当していて、なんだかチンピラ上がりの首脳部に愛想尽かした連中から人徳集めて暴走機関車気味w

「従順な振りをしたエゴイスト」ってのは「フルメタルパニック」のテッサたん罵りのお言葉なんですがwロシウにも当てはまりそうです。こういう人、リアルでもいますよね。

フォローにもなりませんが、シモンに厳しいのは彼が好きだからなんです。昔あれだけなついていましたし。でも補佐官なのに要求ばかりが強すぎますね、この人は。どんな恋人やw
それは好きだからwwでも補佐官としてはどうだろう。シモンの不甲斐なさを一番に直さなければならない立場の人なのに、暴走気味で、エゴの自覚がないようです。
・・・チンピラではありませんが、ロシウもまた役職をまっとうできていない点は首脳部連中と同様ですね。


・・・ロシウの変容ぷりにはショックだったんですが、ちょっと辛口すぎましたかね??



【シモン】
さて。なんだかよくわからなかったのがシモンです。
一番モラトリアム、って感じです。ロシウや幹部連中に怒ったりもしますけど、結局物分りのいい人になっていますね。

指導者としての範を見せないからロシウは暴走するし、首脳部は無能なのかもしれません。


-------------------------


以上、みんな、特にロシウとシモンは空回りして悩んでるようです。

自分の村がかつて行っていた悪行を今度は自分が行っているロシウ。
住人のためを思って敵と戦ったら逆に被害を増大させてしまったシモン。
エゴ全開で、良かれと思ったことが裏目に出ることというのが今回のテーマではないかと思うのですが、グレンラガンはしばらくは爽快なロボットアニメではなく、人間ドラマとかになりそうですね。


うん、7年間という時間の経過も人間ドラマへのシフトということなら意味あるものと思えますね。
ここまで方向転換するのかと、驚きました。よく出来たアニメだと思います。引き続き応援しますよ☆

テーマ:天元突破グレンラガン - ジャンル:アニメ・コミック

ラノベの定義についてと、山口攻防戦2の感想
全体的に更新が滞りがちになっていますね、すいませんm(_ _)m


今回はガンパレードマーチのライトノベルの感想です。
原作はPSゲーム「高機動幻想ガンパレードマーチ」


といっても何を書いていいのかよくわかりません(・ω・;)


俗に言う「ライトノベル」の感想って、何を書けばいいんでしょう??
前にかるーい気持ちで予告したんですけど、正直困ってます。
てかそれが理由で新しい記事を書けなかったってのも、半分くらいマジなんです。あと半分は卒論www


さて。ラノベって何でしょう??


ちょっとウィキでもライトノベルの定義について見てみたんですが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB

んー。正直何の役にも立ちませんでした。つまり自分が納得するようなことが書かれてなかったんですよ。でも参考にする項目はありましたが。


しかしホント何なんでしょうね、ラノベって。
「萌え」みたいに定義の難しい言葉だと思いました。


・・・なんぞや、って問いに答えるには、ラノベとされるものをすべて読んだ上で演繹しなきゃいけないんでしょうかねぇ、そんな馬鹿らしいこと誰も出来ないと思いますが。
でも取りあえず「ラノベの感想」書かなきゃいけないんで、ちょっと定義してみました。↓



ライトノベル=アニメーション的映像を再現、若しくは創造するために、文章を利用して小説という体裁をとったもの



はい。ウィキでいうところの「従来的なヤングアダルト=ライトノベル」ではなくいわば「ライトノベル=軽い小説」を支持しているといわれれば、そのとおりです。・・・うーん。比較して劣ってるとか、そういう意味じゃなくて、ジャンルの区別程度の意味なんですが。


というのもですね、なんというか、「ライトノベル」の定義については作家の方の意図、主体性が問題ではないかと思い、そして、そうなると当初イコールとして定義されていた「ヤングアダルト」とはもはや性質が変わってしまったような気がするからです。


「ライトノベル」というジャンルに限らずなのかもしれませんが、少なくとも「ライトノベル」というジャンルは現状まだまだ発展段階であり、具体的な作品から抽象的な定義を決めてしまうことが不可能だとは思うのですが、それでも定義しなければならないとすれば、まぁ、上のようにしてみましたということです。


小説家が主体的にアニメ映像を再現しようとしている小説。

あくまで作家側が主体的に。



そんなところでどうでしょうか。



大体俺ラノベってフルメタとガンパレ、スニーカーのあかほりさとる(キノの旅は違うかも)くらいしか読んだことないんですが(おい)まぁ、反証の作品とか出てきたら「これはライトノベルじゃない!!」って言うことにしようかなww


・・・とまぁ、自分だけでも納得させてみましたよ。
だってこのままじゃ何もかけないし。


ちなみにウィキの定義問題で挙げられている定義についてですが、議論の文脈を無視して持ってきているようなので、同じ土俵に上げて比較する余地は無いようにに思われましたので、放置します。


あ、でも源氏物語はライトノベルじゃないです。だって作家がラノベなんてジャンル知らなかったもの。
作品というものは自分の娘のようなもので(受け売り)、評価、分類は他者の手に必然的に委ねられますが、だからといってその「他者」は無責任に何を言ってもいいというわけには行かないでしょう。自分の都合のいいように描くことがそのままよいとされるなら(もちろん他者の評価を経て正当性は決められはしますが)、「研究」というものがそもそも必要でなくなってしまうのではないでしょうか。



で。ようやっとガンパレードマーチの小説の感想ですが



初めに断りますが、この本を文学として読んではいないです。私はアニメシーンの再現をするためにライトノベルというのを読んでいます。おそらく作者の意図もそういうところにあるのだと思いますので、ガンパレも、ライトノベルです。


原作ゲームのガンパレの面白さって、AI搭載でキャラが自由に動くところに魅力の根源があると思うんですが、そうなるとどうしても自分の想像力が刺激されて、補完を頭で描きたくなります。オタクとしてはww
それでライトノベルというジャンルを選んでしまったのではないかなと思いつつ読んでみて、その感想なんですが


もうこれアニメ化してくれない??

って思いましたwww
だってオリジナルキャラ多すぎて動向覚えられないしw
何をおいてもストーリーが魅力的!!


・・・非常に萌えて燃えるライトのベルだと思いますよ。
続編が楽しみです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

もう昔のゲームなんですか。
070713_1538~0001.jpg



小説ガンパレードマーチ<山口防衛戦2>


靖国神社でお祭りを堪能した後、秋葉原で購入ww
まだ全然読んでないんですが。
読んだらまた感想を書こうと思います(^^)


ところで。
巻末で確認したんですが、PSゲームのガンバレードマーチ、
もうまる七年近く昔のゲームなんですね。
つい何ヶ月か前にプレイしたんですが、全然飽きがこないです。
大好きなんです、ゲーム内のあのリアルな空気感がっ

それに未だに新しいストーリーが公式に作られ続けているゲームというのもかなり珍しい部類に入るんじゃないかと!!

黒い月攻略とか、その辺もノベルで出ないか密かに期待中♪
榊涼介さんの執筆で♪♪

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記

空の軌跡 the 3rd の結構辛口な感想
先日falcomより発売された「空の軌跡 the 3rd 」なんですが
現在最終話のラストダンジョン突入手前で止まっております。
プレイ時間は50時間程度で、キャラクター平均レベルはだいたい130。


大体謎とストーリーを把握した感があるので
この辺でゲームの感想とかレビューを書いてみたいと思います。
辛口に。


とはいえキャラクターレベルがどうこうとかゲームシステムについての突っ込とかが目的じゃないんで、ストーリー中心の感想になりますよー。


それでは以下↓ネタバレにも注意ですよ。



このゲームのストーリーを要約すると

主人公は前作SCで初登場のケビン・グラハム。
SCでの事件の事後処理のために前作までの舞台「リベール王国」を新規登場キャラであるリースと訪れたところ、アーティファクトと呼ばれる謎の遺物の引き起こす事件に巻き込まれてしまう、という感じです。


まぁ、ただそれだけの話なんです


というのもですね、その巻き込まれた事件というのが人の想念で作られた異空間に取り込まれる、って感じなんですよ。


「Fate/hollow ataraxia」のような世界だと理解していいんじゃないでしょうか。


ちなみに、私hollowは大好きです。
それから「ビューティフルドリーマー」なんかも大好きです。
でも、この「the 3rd」は好きになれませんでした。


設定が被ってるからとか、そういう理由ではないですよ?
空の軌跡の魅力ってこういうものじゃないだろ!と思うからです。


そもそも空の軌跡の魅力ってのはキャラクタードラマと政治的、歴史的ドラマの高いレベルでの融合だと個人的には思っているのですが、今回は周辺状況が一切進行しない中でのキャラクタードラマが描かれたわけで、そうなるともう、ひたすら外伝的な話が異空間で展開するというかたちになるわけです。


夢の内容が現実に影響を及ぼすわけにはいきませんから、話は実質何も進んでいません


世界が動かないんですから、そんな中にいるわれわれ(!?)がどうやって前に進めるのでしょう。プレイしている側に作業感が漂います。


まぁゲームというものがプログラミングされたものの再現に過ぎないんですから、ゲームというものが根本的に作業することそのものなんですが、それはさておきww


唯一
物語が解決に向かうめどが立ってからようやくキャラクターが前進を始めるんですが、遅すぎるんですね。いざその段階になると今までの徒労感がどっと押し寄せます。50時間プレイさせておいて!


……ちょっと話がそれましたが、
舞台設定を夢みたいな異空間にしたことでもう空の軌跡シリーズにおける魅力が半減したことは間違いないでしょう。

大仰に「待望の続編」なんて銘打ってるからどんな話が展開するのかと期待していましたが、その巻き込まれた事件の周りにショートストーリーを散りばめただけなんですね。

だから本質的に「hollow」と進め方が一緒なんです。
物語を読み進める代わりにダンジョンを探索して、
新しい選択肢を増やしていく代わりに
探求していく先々で扉を見つけるという。
いっそノベルゲームにしたほうが時間かからなくてよかったよ、と。
ひどいことまで思ってしまいます。


正直、プレイ当初の違和感そのままに今回は残念な出来だったと思います。

ですが最後にこれだけは断言しておきますが「英雄伝説Ⅵ」はとても緻密な世界設定が考えられているようなので
きちんとストーリーが進めば次回以降とても面白い作品になるんじゃな以下と思います。

次回作に期待ですね。
うたわれるものらじお番外編
http://www.onsen.ag/popup/utaware.html

上は音泉のホームページ

最近はこのブログ
うたわれるものらじおの動向を追い続けている感がありますね^^;


今回は「空の軌跡 the 3rd」ばかりやってて頭が一時的に悪くなっててネタがないというのもありますが
まぁ、それ以上にひとつ番組が終わるということの記念ということでやってます



さてタイトルの件なんですが
いつもの癖で何気に音泉を覗いてみたところ



なんか番外編やってましたよ?



メールがいっぱい届いたからそのお礼ということで一回だけ復活したそうですが、
このまま感想メールを大量に送り続ければ番外編が二度三度続いて…


なんてことにはならないでしょうかねぇ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。